植村花菜 - うえむらかな

日本女性ソロポップシンガー植村花菜。

植村花菜とは?

植村花菜の情報をわかりやすくまとめ。

iTunes Store(Japan)

植村花菜は日本の女性シンガーソングライター。兵庫県川西市出身。本名は清水花菜(しみずかな)。

伸びやかでクリアな歌声とシンプルでいて温かみのある楽曲、アコースティックギターによる弾き語りスタイルがが特徴。先祖は大久保利通の父・大久保利世に当たる。

影響を受けたアーティストはジョン・メイヤー、ジュリー・アンドリュース、カーペンターズ。特にJohn Mayer - ジョン・メイヤーのライブビデオを見ながらギターの練習をしたとされる。

プライベートでは、2013年にジャズドラマーで「indigo jam unit」のメンバーとしても活動する清水勇博と結婚した。

2001年高校卒業後に大阪スクールオブミュージック専門学校に入学する。2002年に独学でアコースティック・ギターを始め、路上ライブを行うようになる。同年に開催されたオーディション「服部良一記念大阪音楽祭 ザ・ストリートミュージシャン・グランプリ'02」に出場し、1200人の中からグランプリを受賞する。

2005年にリリースされたシングル「大切な人」でメジャーデビュー。2010年に「トイレの神様」が有線放送キャンシステム問い合わせチャート月間1位を獲得し一躍有名となり、その年の「NHK紅白歌合戦」に出場を果たす。

2012年に音楽性を広げるために渡米。ストリートやライブハウスで歌いながら、ロサンゼルスからニューヨークへとアメリカ大陸を横断する。

植村花菜の基本情報

植村花菜の出身生年月日などの基本情報欄。

歌手名
植村花菜 - うえむらかな
音楽ジャンル
J-POP・Pop
レーベル
KING RECORDS
所属事務所
CLEARSKY CORPORATION
公式サイト
植村花菜オフィシャルサイト
公式ブログ
植村花菜オフィシャルブログ「愛があればそれでいいのだ」
公式Twitter
植村花菜 (uemurakana27) on Twitter
出身地
兵庫県川西市
生年月日
1983年1月4日
身長
161cm
体重
 - 
血液型
A型
デビュー年
2005年

植村花菜の来歴

植村花菜のデビューから休止,アルバムCD情報などをまとめ。

2002年
ギターを始める。
「ザ・ストリートミュージシャン・グランプリ'02」でグランプリを獲得。
2005年
1stシングル「大切な人」でメジャーデビュー。
2006年
1stアルバム「いつも笑っていられるように」をリリース。
2007年
2ndアルバム「しあわせの箱を開くカギ」をリリース。
関西テレビの音楽情報番組「ミュージャック」のアシスタントになる。
2010年
10thシングル「トイレの神様」をリリース。
第61回NHK紅白歌合戦に初出場。
植村花菜の人気曲名曲

植村花菜の人気曲や名曲を独断で抜粋。

植村花菜 - トイレの神様
植村花菜 - メッセージ
植村花菜と関連性の高いアーティスト

植村花菜ファンがチェックした似ているアーティスト一覧。