元ちとせ - はじめちとせ

元ちとせの基本情報。

元ちとせの所属レーベル・事務所、ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

元ちとせのプロフィールリスト.

音楽ジャンル J-POP・Pop. 民謡・歌謡曲・演歌
レーベル EPIC Records
所属事務所 オフィスオーガスタ
サイト 元ちとせ Official Web Site - Office Augusta
ブログ 元ちとせ公式ブログ「ハナダイロの日々」
YouTube  - 
Twitter  - 
Facebook  - 
Wikipedia 元ちとせ - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 鹿児島県奄美大島
生年月日 1979年1月5日
血液型  - 
デビュー 2001年

元ちとせのオフィシャルプロフィール.

通っていた小学校は全校生徒4人で、全員親戚。1人で入学式、1人で卒業式。水泳の授業は近くの川。そんな環境で育ち、母親の薦めで三味線を習い始める。小学生の時に自ら島唄を習い始める。高校3年で「奄美民謡大賞」の「民謡大賞」を史上最年少で受賞。 2001年3月10日ミニ・アルバム『Hajime Chitose』を、 7月にはオリジナル5曲を収録したミニ・アルバム『コトノハ』をインディーズATSUGUA RECORDSよりリリース。高い評価を得る。

2002年2月6日にEPICレコードからリリースされたメジャーデビューシングル『ワダツミの木』が リリース後2ヶ月を経てシングル・チャートで1位を記録。社会現象的な大ヒット曲となる。同年7月リリースのファースト・アルバム『ハイヌミカゼ』は2週連続1位となりロングセラーを記録。2003年9月3日にセカンド・アルバム『ノマド・ソウル』を発表。 アルバム・チャートで初登場1位(2003/9/15付)となる。ファーストに続いてアルバム2作連続初登場1位の快挙を達成。 2004年より結婚・出産のため約1年半の休養期間にはいる。

2005年8月6日(5日深夜)放送の「NEWS23」にて活動を再開。原爆ドーム前で反戦歌「死んだ女の子」を坂本龍一氏とパフォーマンスし、大きな話題となる。11月に復帰第一弾シングル『語り継ぐこと』を発表。2006年3月には松任谷由実作詞・作曲の復帰第二弾シングル『春のかたみ』をリリースし、同年5月10日にサード・アルバム『ハナダイロ』をリリース。

2007年にはデビュー5周年を迎え、アイルランドの国民的バンド、チーフタンズとのコラボレーションが実現。6月には彼らの全国ツアーに参加し、大きな話題となる。2007年8月22日に約1年3ヶ月ぶりとなる新曲『あなたがここにいてほしい/ミヨリの森』をリリース。 2007年12月26日にはP&Gシャンプーh&s TVCMソング「恵みの雨」を配信限定で発表。2008年5月にはlive image 7 septに参加。 2008年7月2日、常田真太郎(from スキマスイッチ)総合プロデュースによるニューシングル「蛍星」(映画『クライマーズ・ハイ』イメージソング)をリリース。続く7月16日に約2年2ヶ月ぶりとなる4thアルバム『カッシーニ』を発表。多彩な豪華プロデューサー陣が集結したこの作品は高い評価を受ける。同年12月には約2年ぶりとなる、待望の全国ツアーを敢行。

iTunes Store(Japan)

元ちとせのcube-music.com情報。

元ちとせの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・メディア露出や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

元ちとせとは?

元ちとせは鹿児島県奄美大島出身の女性ポップシンガー。杏子山崎まさよしスキマスイッチ秦基博長澤知之さかいゆうらとのユニット「福耳」、中孝介とのユニット「お中元」のメンバー。

元々が民謡歌手だったため島歌特有の癖がみられる歌声で、日本のわびさびを感じさせる美しいポップス・民謡を歌っている。幼少時から三線と島唄を習う。高校生時に元ちとせが唄う島唄「朝花節」が松竹映画「男はつらいよ 寅次郎紅の花」で使用される。

1998年に歌手を目指し上京。2001年にThe Sugarcubes、山崎まさよしらのカバー曲を収録したミニアルバム「Hajime Chitose」で歌手デビュー。2002年にリリースされたシングル「ワダツミの木」でメジャーデビュー。同年に1stフルアルバム「ハイヌミカゼ」をリリースした。

プライベートでは2004年に飲食店経営の男性と結婚。二児の母親でもある。

人気代表曲

デビューシングル「ワダツミの木」、アニメ「BLOOD+」のエンディングテーマ「語り継ぐこと」の人気が高い。

元ちとせの略歴.

幼少時 三線と島唄を習う。
高校時 元ちとせが唄う島唄「朝花節」が「男はつらいよ 寅次郎紅の花」に使用。
 -  奄美民謡大賞を受賞。
2001年 ミニアルバム「Hajime Chitose」でインディーズデビュー。
2002年 1stシングル「ワダツミの木」でメジャーデビュー。
 -  1stアルバム「ハイヌミカゼ」をリリース。