久保田利伸 - くぼたとしのぶ

久保田利伸の基本情報。

久保田利伸の所属レーベル・事務所、ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

久保田利伸のプロフィールリスト.

音楽ジャンル J-POP・Pop. R&B. Soul. Funk
レーベル SME Records
所属事務所 FUNKY JAM
サイト 久保田利伸 公式サイト
サイト 久保田利伸 オフィシャルサイト - Sony Music
ブログ  - 
YouTube  - 
Twitter 久保田利伸 (@kubota_4_real) | Twitter
Facebook 久保田利伸 | Facebook
Wikipedia 久保田利伸 - Wikipedia
身長 170cm
体重  - 
出身地 静岡県静岡市清水区
生年月日 1962年7月24日
血液型 O型
デビュー 1986年

久保田利伸のオフィシャルプロフィール.

1985年、田原俊彦、小泉今日子、高橋真梨子等、アイドルから実力派歌手まで作曲家として幅広く楽曲を提供する。デビュー前に遊びで制作した「すごいぞテープ(洋楽曲のカバーなどを収録)」がマスコミの間で評判になり、非売品であった為そのコピーが巷に出回り、高額で取引される事件が起こる。

1986年、レコード会社争奪戦を経て、Sony Music(旧CBS SONY)よりシングル「失意のダウンタウン」でメジャー・デビュー。オリジナリティ溢れる音楽性、質の高い楽曲、抜群の歌唱力、卓越したリズム感で多くの人々を引きつけ、ロック・ミュージック主流の当時の音楽シーンに新風を送り込む。

1988年、アルバム「Such A Funky Thang!」がミリオンセラーに。海外レコーディングを経てなお、精力的に米国のミュージシャンと接点を持ち、自らの音楽性を高めてゆく。この頃から「地球を相手に歌ってゆきたい」という志を固めてゆく。

1993年、NYに拠点を移す。1995年、USコロンビアレーベルより1stアルバムを発表。日本でのキャリアを意識せず、新人として米国で活動を始める。....

久保田利伸 - Official Profile

久保田利伸のcube-music.com情報。

久保田利伸の音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・メディア露出や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

久保田利伸とは?

iTunes Store(Japan)

久保田利伸は静岡県静岡市出身の男性シンガーソングライター、音楽プロデューサー。

伸びやかで深く味のある歌声と圧倒的な歌唱力、高い声量、日本人離れしたリズム感、本場のブラック・ミュージックと融合させたポップス・R&Bを歌う日本を代表するアーティストの一人。

日本でメジャーになってからはニューヨークに拠点を移し、国内では目立った活動をしていなかったが、2010年頃から日本での活動を活発化させている。

歌手デビュー以前から音楽プロデューサーとしてアーティストを手掛け、現在もMISIA中島美嘉AIDOUBLEMay J.倖田來未加藤ミリヤSoweluBoA山田優平井堅KREVAEXILEのATSUSHI、CHEMISTRYSOUL'd OUTSOULHEADゴスペラーズRHYMESTER、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、鈴木雅之杏里髙橋真梨子高橋洋子森高千里中森明菜などジャンル性別を超え幅広い歌手とコラボレーションや楽曲提供を行っている。

プライベートでは2004年に一般の女性と結婚を発表し、同年には第一子となる男児が生まれた。

人気代表曲

木村拓哉主演のテレビドラマ「ロングバケーション」の主題歌「LA・LA・LA LOVE SONG」、1stアルバム「SHAKE IT PARADISE」に収録されている「Missing」の人気が高い。

久保田利伸の音楽史

高校卒業後、駒澤大学進学と同時に上京し、羽田一郎らとバンド「HOTTENTOTS」を結成する。1982年にヤマハ主催のコンテスト「EAST WEST '82」に出場し、ベストボーカリスト賞を受賞した。

大学卒業後の1985年からはプロデューサーとして音楽業界で働き、数多くアーティストやアイドルに楽曲提供をしていた。

1986年に現Sony Recordsよりリリースされたシングル「失意のダウンタウン」で歌手としてメジャーデビューを果たし、同年には1stアルバム「SHAKE IT PARADISE」をリリースした。

1995年にToshi Kubotaとして全米デビューを果たした。1996年にナオミ・キャンベルとのデュエットシングル「LA・LA・LA LOVE SONG」がフジテレビ月9ドラマ「ロングバケーション」の主題歌となり、ミリオンセラーを超えるヒットを記録した。

2004年にアメリカのテレビ番組「ソウル・トレイン」に日本人ソロアーティストとしては初の出演を果たした。