MAKAI - マカイ

MAKAIの基本情報。

マカイの所属レーベル・事務所、ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

MAKAIのプロフィールリスト.

音楽ジャンル House. Electro
レーベル Universal Music
所属事務所  - 
サイト MAKAI OFFICIAL WEBSITE
ブログ いち民意 - アメーバブログ
YouTube  - 
Twitter  - 
Facebook  - 
Wikipedia MAKAI - ウィキペディア
身長  - 
体重  - 
出身地 福岡県
生年月日 1979年8月27日
血液型  - 
デビュー 2005年

MAKAIのオフィシャルプロフィール.

プロデューサー/DJ DJとして90年代後半にハウス・ミュージックの衝撃に洗礼を受け、2005年に「Frontier」(GATE RECORDS)にてデビュー。新人としては異例のセールスを記録しクラブシーンに衝撃を与えた。

2007年に2ndアルバム『Stay True』(GATE RECORDS)をリリース。この作品でMAKAI最大の持ち味である美麗なボーカルハウス・スタイルを確立。カットした12インチ・アナログは即完売、ダンスチャートでは軒並みトップを獲得し、一躍ハウス・シーンの若手DJ代表格に躍り出た。そして、遂に2008年3月発売の3rdアルバム『GARDEN』(BMG JAPAN)でメジャー・デビュー。

フィーチャリング・ボーカルには青山テルマを始め、m-floファミリーのRyohei、 TERIYAKI BOYZのWISEらを起用。リード曲となった「Garden of Love feat.青山テルマ」は iTunes MUSIC STOREのダンスチャートで14週連続1位を記録。3月度月間FMパワープレイ獲得局数第1位(全23局)とABCマートのCM曲にもなり大ヒットとなる。日本のハウスDJでは前例のない実績を残しシーンを越えて大きな話題を呼んだ。

同年、9月に早くも4thアルバム「STARS」をリリースした、フューチャリング・ボーカルにはYUCHUN(from東方神起)や、LISA、BENI、KCOなど錚々たるメンバーを迎え、各曲ボーカリストが、アルバムタイトルでもある「STAR=星」をテーマに作り上げた世界は、まさに輝きに満ちた曲となっている。

リード曲の「TOKYO LOVELIGHT feat.YUCHUN(from東方神起)」は再びABCマートのCMソングとして起用され、大きな話題を呼んだ。更に、「MY ONE STAR feat.LISA」も国内最大級の女性ファションイベント神戸コレクションのテーマ曲として起用された。

2009年3月には自身のDJのルーツになっている伝説のクラブクラシックスを全編アッパーなフロアー仕様のロッカ・ディスコハウスに大胆リメイクしたアルバム『LEGEND』をリリースする。ボーカリストは、MAKAIとの息のあったLISA、Ryohei、日之内エミ、 BENIを中心に豪華布陣!!

MAKAI - Official Profile

MAKAIのcube-music.com情報。

マカイの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・メディア露出や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

MAKAIとは?

iTunes Store(Japan)

MAKAI - マカイは日本の男性ハウスミュージシャン、DJ。福岡県出身。本名は真加井公一。

2012年に自身の公式ブログで引退を発表した。

ハウス・エレクトロを織り交ぜた先進的な音楽性をもち、多くの楽曲の作曲をMAKAI自身が手掛けている。

BENILiSAAISHAMonday満ちる青山テルマKCOAZUEmyli宏実SILVAJYONGRImoumoonRyoheiなど様々なボーカリストをフィーチャリングゲストとして迎え入れている。

人気代表曲

YouTubeでは「Can't you feel? feat. YUKA from moumoon」、「Merry-Go-Round feat. AISHA」の人気が高い。

MAKAIの音楽史

1990年代後半にDJとハウス・ミュージシャンとしての活動を始め、その後はクラブなどを中心に本格的なアーティスト活動を開始させる。

2005年にGATE RECORDSよりインディーリリースされたアルバム「Frontier」でアーティストデビューを果たす。

2007年にMary、Iwaya Shigeru共にスリーピースユニット「MiM」を結成する。2008年にBMG JAPANよりリリースされた3rdアルバム「GARDEN」でメジャーデビューする。

2012年に自身の公式ブログで引退を発表した。