高野健一 - たかのけんいち

高野健一の基本情報。

高野健一の所属レーベル・事務所、ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

高野健一のプロフィールリスト.

音楽ジャンル J-POP・Pop
レーベル Victor Entertainment
所属事務所  - 
サイト 高野健一 / pal@pop
ブログ  - 
YouTube  - 
Twitter  - 
Facebook  - 
Wikipedia 高野健一 - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 東京都杉並区
生年月日 1971年8月15日
血液型  - 
デビュー 2000年

高野健一のオフィシャルプロフィール.

作詞、作曲、編曲、演奏、ミックス、マスタリングなど、全てを自身で手掛ける。エレクトロを基調とした繊細かつハイブリッドなサウンドメイキングと、日本語教師の資格を取得するほど深大な「ことば」に対する愛情を武器に、日本語の響きにこだわった独特のグルーブ感、浮遊感のある楽曲を生み出す。

1998年3月、pal@pop(パル・アット・ポップ)名義でプロデューサーデビュー。ソニーミュージックが行った作家オーディションで見いだされ、新人としては異例のレーベルプロデューサーとして契約。送ったデモテープ「空想X」は、歌詞、曲、アレンジと、あまりの完成度の高さにそのままCD化された。

女子高生の声をサンプリングするという斬新な手法を用い、叙事的で強い社会性を持ったこのメッセージ・ソングは、FMラジオを中心に業界内で大きな話題となり、全国で多くのパワープレイを獲得した。

その後、アート集団「GROOVISIONS」のキャラクター「chappie」のプロデュースで、一躍そのサウンドワークとリリック・センスに注目が集まり、プリウス、コカ・コーラ、ミスタードーナッツなど、CM曲の制作依頼が殺到。以降、グラフィック、ファッション、コミックなど、多方面からコラボレイトを望まれるようになる。

2003年10月、シンガーとしての活動を開始し、本名の高野健一名義で詩集「悲しみの終わりに泣いてもいいよ」を発表。

歌を収録したCD付きの詩集としては異例の1万部のヒットを記録。2005年に発表された第2詩集「僕は君が好きが続いてゆく」も前作を超える1万5千部を売り上げ、紀伊国屋文芸チャート1位を記録した。....

高野健一 - Official Profile

高野健一のcube-music.com情報。

高野健一の音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・メディア露出や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

高野健一とは?

iTunes Store(Japan)

高野健一は東京都杉並区出身の男性シンガーソングライター、音楽プロデューサー。

甲高く耳に残る甘い歌声と年齢性別を問わない美しいポップスを中心に歌っている。ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を高野健一自身が手掛け、音楽プロデューサーとして数々のアーティストの楽曲を手掛けている。

「pal@pop - パル・アット・ポップ」としてもアーティスト活動をしている。

人気代表曲

最高セールスを記録した「さくら」、「会いにゆきます feat.竹仲絵里」の人気が高い。

高野健一の音楽史

自作デモテープをオーディションに送り、音楽プロデューサーとしてソニーミュージックと契約する。1998年にpal@popとしてシングル「空想X」でプロデューサー兼アーティストとしてデビューを果たす。

2005年に日本クラウンより高野健一としてシングル「Will」でシンガーソングライターデビューを果たす。2007年にリリースされたシングル「さくら」が日本有線大賞で「有線音楽優秀賞」を受賞した。