AK-69 - エーケーシックスティーナイン

AK-69の基本情報。

エーケーシックスティーナインの所属レーベル・事務所、ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

AK-69のプロフィールリスト.

音楽ジャンル Hip hop. J-POP・Pop
レーベル ms Entertainment
所属事務所 ms Entertainment
サイト AK-69 | OFFICIAL WEBSITE
ブログ AK-69 オフィシャルブログ「It's 69」by Ameba
YouTube AK-69 Official Channel - YouTube
Twitter AK69_official (@AK69_official) | Twitter
Facebook AK-69_Official | Facebook
Wikipedia AK-69 - ウィキペディア
身長  - 
体重  - 
出身地 愛知県小牧市
生年月日 1978年8月28日
血液型  - 
デビュー 2003年

AK-69のオフィシャルプロフィール.

メジャーではなくインディーで活躍することに価値を見い出しているAK-69は、通常ならば逆境とも言えるその状況を逆手にとり、「だからこそやる意味があること」を追求し続けるヒップホップ・アーティストである。

シンガーのKALASSY NIKOFF名義でリリースした『PAINT THE WORLD』をソロ活動の皮切りに、『REDSTA -The Rap Attacker-』『REDSTA -The Melodizm-』で評価を確立。その後、ベスト盤『BEST OF REDSTA』や2008年の『TRIUMPHANT RETURN -Redsta Iz Back-』など複数の作品を経て、徐々に知名度を上げた翌2009年には倖田來未のアルバムへとゲスト参加。

同年9月に『THE CARTEL FROM STREETS』を発表した彼の勢いは2010年も止まらず、AIのデビュー10周年シングル「Still…」をはじめ数多の客演にその名を連ねると、続く『THE RED MAGIC』がオリコン週間総合チャート初登場3位を記録。

同作の先行シングル「PUBLIC ENEMY」のミュージック・ヴィデオは各アワードへノミネートされ、結果的に『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 2011 "BEST HIPHOP VIDEO"』/『流派 PV AWARD 2010』を受賞した。

2011年9月にはみずからのアーティスト・ヴァリューを決定付けるべく、『THE RED MAGIC』のリリース・ツアー・ファイナルを日本ガイシホールで開催し、全国から約10,000人ものオーディエンスを集める成功を収めた(この模様は、のちにDVD&Blu-ray化された)。....

AK-69 - Official Profile

AK-69のcube-music.com情報。

エーケーシックスティーナインの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・メディア露出や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

AK-69とは?

iTunes Store(Japan)

AK-69 - エーケーシックスティーナインは愛知県小牧市出身の男性ヒップホップシンガー。

デビューから一貫してストリートヒップホップだったが、近年では安室奈美恵AI倖田來未COMA-CHI山口リサARIAなどの女性アーティストとコラボを盛んにこなし、ポップス色が多少強まっている。ほとんどの楽曲の作詞作曲をAK-69自身が手掛けている。

MCとしてラップをする際は「AK-69」、歌手として歌う際は「Kalassy Nikoff(カラシニコフ)」を名乗っている。メジャーではなくインディーでの活動にこだわり、自身のファッションブランド「BAGARCH(バガーチ)」のプロデュースも行っている。

人気代表曲

「THE CARTEL FROM STREETS」収録楽曲の「And I Love You So」、COMA-CHI - コマチとのコラボソング「TIME 2 PARTY」の人気が高い。

AK-69の音楽史

2003年にB-ninjahとの共作シングル「RED HOT FIGHTER」で歌手デビューし、翌年の2004年にKALASSY NIKOFF名義でリリースしたアルバム「PAINT THE WORLD」でソロデビューを果たす。

ソロデビューからその後もAK-69・Kalassy Nikoffとして数々の作品をリリースし実績・知名度を着実に上昇させ、2009年には倖田來未のアルバムにゲスト参加。

翌年にはAIとのコラボシングル「Still…」をリリースするなど、近年はストリート・ヒップホップに馴染みのない一般ユーザーにもその名を馳せている。