agraph - アグラフ

agraphの基本情報。

アグラフの所属レーベル・事務所、ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

agraphのプロフィールリスト.

音楽ジャンル Electronica. Techno pop
レーベル KRE
所属事務所  - 
サイト agraph(アグラフ) オフィシャルウェブサイト
ブログ  - 
YouTube  - 
Twitter kensuke ushio (@agraph) | Twitter
Facebook  - 
Wikipedia Agraph - ウィキペディア
身長  - 
体重  - 
出身地 東京都
生年月日 1983年
血液型  - 
デビュー 2008年

agraphのオフィシャルプロフィール.

牛尾憲輔のソロユニット。2003年、石野卓球との出会いから、電気グルーヴ、石野卓球、DISCO TWINS(DJ TASAKA+KAGAMI)などの制作、ライブでのサポートでキャリアを積む。

ソロアーティストとして、2007年に石野卓球のレーベル"PLATIK"よりリリースしたコンビレーションアルバム『GATHERING TRAXX VOL.1』にkensuke ushio名義で参加。2008年12月にソロユニット"agraph"としてデビューアルバム『a day, phases』をリリース。

石野卓球をして「デビュー作にしてマスターピース」と言わしめたほどクオリティの高いチルアウトミュージックとして評価されている。またWIREのサードエリアステージに07年から10年まで4年連続でLIVE出演を果たした他、2010年10月にはUnderworldのフロントアクトを務めた。

そして2010年11月3日、待望のセカンドアルバム「equal」のリリースを予定。本作にはミト(クラムボン)が一曲mixを、alto nova(カールステン・ニコライ)がRemixを提供。

砂原良徳がキャリア初となるマスタリングを担当した。またブックレットには本作とコンセプトを共有した円城塔による短編小説「equal」を収録する。

agraph - Official Profile

agraphのcube-music.com情報。

アグラフの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・メディア露出や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

agraphとは?

iTunes Store(Japan)

agraph - アグラフは牛尾憲輔によるソロユニット。東京都出身。

体の疲れを洗い流してくれるような心地よい浮遊感のあるチルアウトミュージックを手掛けるアーティスト。

LAMA」のバンド活動だけでなく、CM作品のBGMを手掛けるなど幅広い活動を行っている。

人気代表曲

YouTubeでは「one and three lights」、「gray even」の人気が高い。

agraphの音楽史

2003年から電気グルーヴ、石野卓球、DISCO TWINSなどの制作やライブサポートに携わり本格的なアーティスト活動を開始する。

2007年にリリースされたコンピレーションアルバム「Gathering Traxx Vol.1」にkensuke ushio名義でアーティストデビューする。

2008年にリリースされた1stアルバム「a day, phases」でソロデビューを果たす。2011年には元「SUPERCAR」の中村弘二、フルカワミキ、元「Number Girl」の田渕ひさ子と共にバンド「LAMA」を結成する。