2016年にヒットした邦楽男性歌手のおすすめ人気アルバム

2016年に日本でヒットした邦楽男性歌手の人気アルバムおすすめ13枚

best hit man album jp 2016

2016年にヒットした邦楽男性歌手のおすすめ人気アルバム画像

オリコンApple MusiciTunesビルボード売上ランキングのデータをもとに、2016年に日本でヒットを記録した男性ソロ歌手人気アルバムを13枚に厳選して紹介。

YouTubeのミュージックビデオを交えて、おすすめ人気アルバムランキング順にして紹介します。

とりあえず2016年に日本で流行った男性ソロアーティスト人気アルバムを知っておきたい方におすすめです。

2016年にヒットした邦楽男性歌手のアルバム13枚

best hit man album jp 13

1. 星野源 - 『YELLOW DANCER』

星野源画像

画像出典元サイト

YELLOW DANCER』は今最も邦楽界を賑わしている人気シンガーソングライター星野源の約2年振りとなる4作目のスタジオ・アルバムです。

2015年12月2日にリリースされた今作はシングル『地獄でなぜ悪い』『Crazy Crazy/桜の森』『SUN』を含む全14曲を収録し、オリコン週間アルバムランキング週間1位を獲得する大ヒットを記録。

2016年になっても様々な音楽チャートにランクインし続け、興行面だけでも2015年2016年を代表するアルバムの一つとなりました。

古き良きブラックミュージックソウル・R&Bを加味した都会的なおしゃれで心地良いJ-POPミュージックの今作は、懐かしさと新しさの同居した年齢制限のないおすすめのポップスアルバムとなっています。

『YELLOW DANCER』のCDジャケットと収録曲

SUN

時よ

2. スガシカオ - 『THE LAST』

スガシカオ画像

画像出典元サイト

THE LAST』は邦楽界を代表するシンガーソングライタースガシカオの約6年振りとなる10作目のスタジオ・アルバムです。

2016年1月20日にリリースされた今作は34thシングル『アストライド/LIFE』を含む全11曲を収録し、オリコン週間アルバムランキング週間3位を獲得する大ヒットを記録。

Mr.Children(ミスターチルドレン)』『鬼束ちひろ』『レミオロメン』などを手掛けた小林武史をプロデューサーに迎え、原点回帰といえるスガシカオらしい毒々しく尖った作品となっています。

耳に残るアダルトなハスキーボイス、複雑ながらどこか芯の通ったメロディアレンジ、何度聴いても飽きない聴くたびに違った表情をみせてくれる2016年度を代表する傑作アルバムの一つです。

『THE LAST』のCDジャケットと収録曲

真夜中の虹

3. レキシ - 『Vキシ』

レキシ画像

画像出典元サイト

Vキシ』は池田貴史によるソロユニットレキシの約2年振りとなる5作目のスタジオ・アルバムです。

2016年6月22日リリースの今作は1stシングル『SHIKIBU』を含めた全10曲を収録し、ゲストボーカルに森の石松さん (松たか子)足軽先生 (いとうせいこう)ハッピー八兵衛 (後藤正文 from ASIAN KUNG-FU GENERATION)ネコカミノカマタリ (キュウソネコカミ)シャカッチ (ハナレグミ)阿波の踊り子 (チャットモンチ―)が参加した超豪華アルバムとなっています。

遊び心たっぷりレキシ・ワールドは今作も健在で、ポジティブになりたいポップスミュージックアルバムをお探しの方におすすめです。

『Vキシ』のCDジャケットと収録曲

最後の将軍 feat. 森の石松さん (松たか子)

SHIKIBU feat. 阿波の踊り子 (チャットモンチー)

4. 平井大 - 『Life is Beautiful』

平井大画像

画像出典元サイト

Life is Beautiful』はアロハ・ハワイアンシンガー平井大の約1年振りとなる8作目のスタジオ・アルバムです。

2016年6月15日にリリースされた今作はハウス食品ジャワカレーのCMソング『Life is Beautiful』、JACCSカードのCMソング『A Good Day』を含む全10曲を収録。

心地よい耳に残る優しいサウンドながらアーティスティックな作品は、季節を問わずにピッタリな癒し効果抜群のおすすめアルバムとなっています。

『Life is Beautiful』のCDジャケットと収録曲

Life is Beautiful

A Good Day

5. 岡村靖幸 - 『幸福』

岡村靖幸画像

画像出典元サイト

幸福』は邦楽界の奇才シンガーソングライターダンサー岡村靖幸の約12年振りとなる7作目のスタジオ・アルバムです。

シングル『ビバナミダ』『愛はおしゃれじゃない』『彼氏になって優しくなって』『ラブメッセージ』を含む全9曲を収録し、オリコン週間アルバムランキング3位を獲得する大ヒットを記録。

全盛期に比べ多少丸くはなったものの、R&Bファンクを加えた変幻自在の絶妙なポップス感、ラップを織り交ぜた独特のアグレッシブな歌唱法、妖艶で個性溢れる歌詞と岡村ちゃんらしさ健在の完成度の高いおすすめファンキーアルバムとなっています。

『幸福』のCDジャケットと収録曲

彼氏になって優しくなって

愛はおしゃれじゃない

6. 中村一義 - 『海賊盤』

中村一義画像

画像出典元サイト

海賊盤』はバンド『100s』のボーカリストとしても活躍しているシンガーソングライター中村一義の約4年振りとなる6作目のスタジオ・アルバムです。

2016年3月2日リリースされた全10曲を収録した今作は、邦楽ロックシーンに多大な影響を与えた孤高アーティスト中村一義らしい開放音に溢れた多彩なポップアルバムとなっています。

耳に残る独特のハイトーンボイス、緻密に構築された卓越したメロディーラインで構成された今作は、心地良いキャッチャーなロックポップスミュージックをお探しの方におすすめです。

『海賊盤』のCDジャケットと収録曲

スカイライン

7. AA= - 『#5』

AA=画像

画像出典元サイト

#5』はロックバンド『THE MAD CAPSULE MARKETS (ザ・マッド・カプセル・マーケッツ)』のメンバーである上田剛士が2008年に始動したソロプロジェクトAA=の約3年振りとなる6作目のスタジオ・アルバムです。

2016年5月18日にリリースされた今作は0.8秒と衝撃。J.M.とのコラボソング『→MIRAI→ (ポストミライ)』、Dragon AshのフロントマンKjとのコラボソング『M SPECIES』、Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith)とのコラボソング『FREE THE MONSTER』を含む全13曲を収録。

空気をぶっ飛ばすような攻撃的で破壊力溢れるデジタル・ハードコアサウンドは、脳を貫くヘヴィロックサウンドをお求めの方におすすめのアルバムです。

『#5』のCDジャケットと収録曲

AA=×Kj (Dragon Ash) - M SPECIES

AA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith) - FREE THE MONSTER

8. 岡崎体育 - 『BASIN TECHNO』

岡崎体育画像

画像出典元サイト

BASIN TECHNO』はシンガーソングライター岡崎体育のメジャー1作目となるスタジオ・アルバムです。

2016年4月19日にYouTubeで公開されたアルバムリードソング『MUSIC VIDEO』が邦楽ミュージック・ビデオにありがちな演出場面を歌ったあるあるネタで動画公開から約半年で1000万再生超えを達成し、全曲タイアップなしにも関わらずオリコン週間アルバムランキング9位を獲得するヒットを記録。

懐かしさ溢れるテクノポップ、真面目にふざけながらも抜群のメロディセンスと歌詞、唯一無二の多彩な才能が光るおすすめのポップスアルバムです。

『BASIN TECHNO』のCDジャケットと収録曲

MUSIC VIDEO

FRIENDS

9. 秦基博 - 『青の光景』

秦基博画像

画像出典元サイト

青の光景』は邦楽界を代表するシンガーソングライター秦基博の約3年振りとなる5作目のスタジオ・アルバムです。

シングル『ダイアローグ・モノローグ』『ひまわりの約束』『水彩の月』『Q & A』を含む全13曲を収録した今作は、2015年12月16日リリースながら映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌『ひまわりの約束』のロングヒットにより2016年下半期になっても高いセールスを記録しました。

秦基博の暖かく心地よい声で歌い上げた陽だまりの中で体全体に深く染み渡るようなバラード・ポップス群は、年齢性別関係なくおすすめできる2015年2016年度を代表するポップスアルバムです。

『青の光景』のCDジャケットと収録曲

ひまわりの約束

Q & A

10. 平井堅 - 『THE STILL LIFE』

平井堅画像

画像出典元サイト

THE STILL LIFE』は日本を代表するシンガーソングライター平井堅の約5年振りとなる9作目のスタジオ・アルバムです。

2016年7月6日にリリースされた今作はシングル『告白』『グロテスク feat. 安室奈美恵』『ソレデモシタイ/おんなじさみしさ』『君の鼓動は君にしか鳴らせない』『Plus One/TIME』『魔法って言っていいかな?』を含む全14曲を収録し、オリコン週間アルバムランキング4位を獲得する大ヒットを記録。

甘くセクシーな歌声で軽快なポップスや柔らかで響き渡る美しいバラードソングなど、平井堅らしい人を選ばないポップスミュージックアルバムとなっています。

『THE STILL LIFE』のCDジャケットと収録曲

魔法って言っていいかな?

Plus One

11. 般若 - 『グランドスラム』

般若画像

画像出典元サイト

グランドスラム』は日本を代表するヒップホップMC般若の約2年振りとなる9作目のスタジオ・アルバムです。

2016年7月6日リリースされた今作は全15曲を収録。

典型的アングラヒップホップからニヤリとさせられるコミカルなラップまで般若らしい遊び心たっぷりな作品で、2016年度最もおすすめのヒップホップアルバムです。

『グランドスラム』のCDジャケットと収録曲

あの頃じゃねえ

寝言

12. 米倉利紀 - 『switch』

米倉利紀画像

画像出典元サイト

switch』はR&B・ソウル・ファンクシンガー米倉利紀の約1年振りとなる21作目のスタジオ・アルバムです。

2016年2月3日リリースされた今作は全10曲を収録。

シンプルな構成の楽曲を妖艶な歌唱力で一曲一曲をファンク&ソウルに包み込んだおすすめのR&Bアルバムです。

『switch』のCDジャケットと収録曲

CHANCE

交差点

13. 清水翔太 - 『PROUD』

清水翔太画像

画像出典元サイト

PROUD』は人気若手R&B・ポップスシンガー清水翔太の約2年振りとなる6作目のスタジオ・アルバムです。

2016年3月30日にリリースされた今作はシングル『BYE×BYE』『花束のかわりにメロディーを』『Damage』を含む全13曲を収録。

流行を先取りしながらもどこか懐かしいメロディアレンジ、機械的なエフェクトを多用した歌声は少し人を選ぶR&Bアルバムとなっています。

『PROUD』のCDジャケットと収録曲

花束のかわりにメロディーを

Damage