2016年にヒットした洋楽アルバムおすすめ注目バンド

2016年にヒットした人気洋楽バンドアルバム注目おすすめ10選

band group album 2016

2016年にヒットした人気洋楽バンドアルバム画像

2015年から2016年にリリースされ、2016年に世界中のアルバムランキングで大ヒットを記録した洋楽バンド人気アルバムを10枚に厳選してランキング形式で紹介。

アメリカ合衆国やヨーロッパでのiTunes・ビルボード売上ランキングYouTubeの再生数、インスタグラムのフォロワー数、メディア露出度などをもとにしており、日本国内の人気や売上ランキングなどのデータを一切含んでおりません。

2016年に世界中で大ヒットなったおしゃれでかっこいい洋楽バンドアルバムをチェックしておきたい方におすすめです。

2016年にヒットした人気洋楽バンドアルバムおすすめ10枚

band group album 10

1. Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) - 『The Getaway』

Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)画像

画像出典元サイト

The Getaway』はNo,1アメリカンロックバンドRed Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)の約5年振りとなる11作目のスタジオ・アルバムです。

ロックバンド不況の叫ばれる昨今でも世界中のアルバム・ランキングの上位にランクインを果たし、トータルセールス100万枚超えと興行面ではまずまずの成功を収めた今作ですが、内容面ではレッチリらしい荒々しさはあまりないポップス色の濃いマイルドな作風となっており、従来のファンにとっては賛否両論なアルバムとなっています。

耳に残るキラーチューンも特にありませんが、キャリアの長い世界的なロックバンドなだけありアルバム自体の完成度は高く、初心者にも十分おすすめできるロックアルバムとなっています。

『The Getaway』のCDジャケットと収録曲

Dark Necessities

Go Robot

2. Radiohead (レディオヘッド) - 『A Moon Shaped Pool』

Radiohead (レディオヘッド)画像

画像出典元サイト

A Moon Shaped Pool』は英国ロックバンド異端児Radiohead (レディオヘッド)の約5年振りとなる9作目のスタジオ・アルバムです。

リリース前から注目度期待値の高かった今作ですが、母国イギリスのアルバム・ランキングで二作振りに首位を獲得しアメリカ・ヨーロッパを中心に日本でも大ヒットを記録しました。

内容面では今作もレディオヘッドらしいロックバンドらしからぬ、人間味のない無機質で閉塞感漂うその唯一無二の音世界は健在。

オルタナティブ・アートロック・エレクトロニカ・ジャズと音楽ジャンルが特定できないレディオヘッドらしい人を選ぶアルバムとなっていますが、2016年度の洋楽バンドアルバムを語る上でまず名の挙がる作品の一つです。

『A Moon Shaped Pool』のCDジャケットと収録曲

Burn The Witch

Daydreaming

3. twenty one pilots (トゥエンティ・ワン・パイロッツ) - 『Blurryface』

twenty one pilots (トゥエンティ・ワン・パイロッツ)画像

画像出典元サイト

Blurryface』は21世紀現在最も世界で成功を収めている若手オルタナティブ・ヒップホップバンドtwenty one pilots (トゥエンティ・ワン・パイロッツ)の約3年振りとなる4作目のスタジオ・アルバムです。

全米アルバム・チャート初登場1位を獲得し、ヨーロッパやカナダ・オーストラリアでも大ヒットを記録。

さらには、2015年5月リリースながら2016年度ビルボードアルバム・チャート上位にランクインし続け、全米トータルセールス100万枚を超える2015年2016年度を代表するアルバムとなりました。

ヒップホップエレクトロ・レゲエを加えた新感覚ポップスサウンドで今アメリカやヨーロッパなど世界中の10代20代若年層の間で流行っているバンドですが、音楽ジャンルの基本がヒップホップ・ラップのため人を選ぶアルバムとなっています。

『Blurryface』のCDジャケットと収録曲

Stressed Out

Ride

4. Coldplay (コールドプレイ) - 『A Head Full Of Dreams』

Coldplay (コールドプレイ)画像

画像出典元サイト

A Head Full Of Dreams』は世界人気No,1ロックバンドColdplay (コールドプレイ)の約1年半振りとなる7作目のスタジオ・アルバムです。

2015年12月リリースから全米アルバムランキング首位を獲得し、ヨーロッパカナダ・オーストラリアなど世界中で大ヒットを記録。

2016年後半には全世界トータルセールス300万枚越えを突破し、2015年2016年度最も商業的に成功を収めた洋楽バンドアルバムとなりました。

華やかで美しく聴いていて心地いいポップス感満載な今作は何気ない日常BGMに最適で、今回紹介するアルバムの中で最も万人におすすめできる作品です。

『A Head Full Of Dreams』のCDジャケットと収録曲

Hymn For The Weekend

Adventure Of A Lifetime

5. Bon Iver (ボン・イヴェール) - 『22, A Million』

Bon Iver (ボン・イヴェール)画像

画像出典元サイト

22, A Million』はアメリカ発、唯一無二のフォークロックバンドBon Iver (ボン・イヴェール)の約5年振りとなる3作目のスタジオ・アルバムです。

2012年にグラミー賞で『最優秀新人賞』を受賞した日本を含む世界中で熱狂的ファンの多い人気バンドで、2016年に9月にリリースされた今作はアメリカ・ヨーロッパを中心に世界中で大ヒットを記録しました。

内容面もインディーフォークを基調にエレクトロニックを加えたモダンで斬新かつアート性の高い美しいメロディーで前作同様高い評価を得ています。

多彩な音を一つ一つ緻密に調和させた美しいミュージック集と言える今作は、2016年度の洋楽アルバムを語る上で欠かすことのできないおすすめアルバムの一つです。

『22, A Million』のCDジャケットと収録曲

33 "GOD"

22 (OVER S∞∞N)

6. Green Day (グリーン・デイ) - 『Revolution Radio』

Green Day (グリーン・デイ)画像

画像出典元サイト

Revolution Radio』はパンクロックを代表するバンドGreen Day (グリーン・デイ)の約4年振りとなる12作目のスタジオ・アルバムです。

2015年にロックの殿堂入りを果たし、その1年半後にリリースされた今作は全米・英国アルバム・ランキング初登場1位を獲得する大ヒットを記録。

内容面もベテランバンドの傑作アルバムらしい抜群のポップセンスが光る無駄のない丁寧な構成の作品となっています。

最初から最後まで飽きずに聴ける円熟したギターテクニックによる流れるようなメロディーの今作は、今回紹介するアルバムの中で最も10代20代の若年層におすすめしたい作品です。

『Revolution Radio』のCDジャケットと収録曲

Still Breathing

Bang Bang

7. Bastille (バスティル) - 『Wild World』

Bastille (バスティル)画像

画像出典元サイト

Wild World』はUKロックバンドBastille (バスティル)の約三年振りとなる2作目のスタジオ・アルバムです。

2014年に英国の音楽賞ブリットアワードで新人賞にあたる『ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞』を受賞した人気若手バンドで、2016年9月にリリースされた今作は2作連続で英国アルバム・ランキング初登場首位を獲得し、ヨーロッパやアメリカで大ヒットを記録しています。

日本では知名度の低いバンドですが、聴いていて飽きない洗練されたおしゃれなメロディが心地良い年齢性別区別なくおすすめできる日本人好みのアルバムとなっています。

『Wild World』のCDジャケットと収録曲

Send Them Off!

Good Grief

8. OneRepublic (ワンリパブリック) - 『Oh My My』

OneRepublic (ワンリパブリック)画像

画像出典元サイト

Oh My My』はアメリカの人気オルタナティヴ・ロックバンドOneRepublic (ワンリパブリック)の約3年振りとなる4作目のスタジオ・アルバムです。

2016年10月にリリースされた今作は母国アメリカを中心にヨーロッパカナダ・オーストラリアなどでも大ヒットを記録。

ニューウェーブ・エレクトロポップのサウンドを加味した今作は、色気ある歌声との相乗効果で過去にないほどの美しく洗練されたサウンドとなっています。

近年流行のEDMのように尖ったサウンドではなく上品で美しいポップスミュージックをお探しの方におすすめのアルバムです。

『Oh My My』のCDジャケットと収録曲

Wherever I Go

Kids

9. Panic! At The Disco (パニック・アット・ザ・ディスコ) - 『Death Of A Bachelor』

Panic! At The Disco (パニック・アット・ザ・ディスコ)画像

画像出典元サイト

Death Of A Bachelor』はアゲアゲポップ・パンクバンドPanic! At The Disco (パニック・アット・ザ・ディスコ)の約2年振りとなる5作目のスタジオ・アルバムです。

2016年1月にリリースされた今作は5作目にしてバンド初となる全米アルバムランキング首位を獲得し、ヨーロッパカナダ・オーストラリアなどでも大ヒットを記録。

PATDらしいメロディセンス抜群の絶妙なポップスミュージックで構成された今作は、ノリのいいアルバムをお探しならこれ以上はないと断言できるおすすめな作品です。

『Death Of A Bachelor』のCDジャケットと収録曲

Victorious

LA Devotee

10. Disturbed (ディスターブド) - 『Immortalized』

Disturbed (ディスターブド)画像

画像出典元サイト

Immortalized』はアメリカNo,1ヘヴィメタルバンドDisturbed (ディスターブド)の約5年振りとなる6作目のスタジオ・アルバムです。

2011年からバンド活動休止していましたが2015年に活動再開し、同年8月に今作のアルバムをリリース。

5作連続で全米アルバムランキング首位に輝く偉業を達成し、さらには2016年になっても世界中でロングセールスを記録しました。

迫力満点のギター・リフと体の芯に響く歌声、重厚で硬派なサウンドのかっこいい本格メタルをお求めなら迷いなくおすすめのアルバムです。

のCDジャケットと収録曲

The Sound Of Silence

The Vengeful One