洋楽ランキング2016年にヒットしたおすすめの人気名曲集

洋楽ランキング2016年にヒットしたおすすめの人気名曲ポップス・R&B・EDM集18曲

best hit pop r&b edm 2016

洋楽ランキング2016年にヒットしたおすすめの人気名曲画像

2016年の洋楽業界は例年以上にポップス・R&B・EDMが目立つランキングチャートとなりました。

今回はアメリカ合衆国やヨーロッパでのiTunes・ビルボードの売上ランキング・YouTubeの再生数をもとに、2016年にヒットしたポップス・R&B・EDMの中でも、人を選ばない軽快でキャッチャーな18曲を独自に厳選。

YouTubeのミュージックビデオを交えて、日本で今後間違いなく人気が出るであろうおすすめランキング順にして紹介します。

とりあえず2016年に世界で流行った最新のおしゃれで聴いていて心地いい人気名曲ポップス・R&B・EDMを知っておきたい方におすすめです。

人気名曲ポップス・R&B・EDM18曲

best hit pop r&b edm 18

1. The Chainsmokers - Closer ft. Halsey

The Chainsmokers (ザ・チェインスモーカーズ)・Halsey (ホールジー)画像

画像出典元サイト

世界で今最も売れているDJディオThe Chainsmokers (ザ・チェインスモーカーズ)とアメリカのティーン層に絶大な人気を誇る若手女性歌手Halsey (ホールジー)のフィーチャリングソング。

2016年7月終わり頃の夏真っただ中にリリースされた今作は、アメリカ・ヨーロッパ・カナダ・オーストラリアなど英語圏国家の夏に一番聴かれたと断言していいほど、夏の定番人気曲となりました。

南国の風を感じさせるEDM・エレクトロは何気ない日常BGMにピッタリで、2017年日本の夏に流れる洋楽曲No,1筆頭です。

The Chainsmokers - Closer ft. Halsey

2. Charlie Puth - We Don't Talk Anymore feat. Selena Gomez

Charlie Puth (チャーリー・プース)・Selena Gomez (セレーナ・ゴメス)画像

画像出典元サイト

新ポップスキングCharlie Puth (チャーリー・プース)と新ポップスクイーンSelena Gomez (セレーナ・ゴメス)のフィーチャリングソング。

今最も売れている人気若手ポップス・R&B歌手二人がデュエットした楽曲なだけあり、YouTubeミュージックビデオを公開されてから1ヵ月足らずで2億再生を記録し、世界中のランキングチャート上位にランクインを果たしています。

互いがまだ愛し合いながらも別れてしまった淡い恋愛模様を表現した切ない歌詞となっていますが、いま世界で流行しているEDMトロピカルハウス・ジャンル特有の緩やかな心地よいサウンドの代表曲としておすすめです。

Charlie Puth - We Don't Talk Anymore feat. Selena Gomez

3. Calvin Harris - This Is What You Came For ft. Rihanna

Calvin Harris (カルヴィン・ハリス)・Rihanna (リアーナ)画像

画像出典元サイト

スコットランドが誇る人気DJのCalvin Harris (カルヴィン・ハリス)と新ディーヴァRihanna (リアーナ)のフィーチャリングソング。

カルヴィン・ハリス2016年一作目のシングルで、アメリカやヨーロッパの夏クラブシーンを最も彩った人気クラブミュージックです。

今回紹介するEDM楽曲の中で最も人を選ばない軽やかなサウンドといえ、年齢層の高い方にもおすすめできます。

Calvin Harris - This Is What You Came For ft. Rihanna

4. Major Lazer - Cold Water ft. Justin Bieber & MØ

Major Lazer (メジャー・レイザー)画像

画像出典元サイト

レゲエ・エレクトニックバンドMajor Lazer (メジャー・レイザー)とカナダのポップススターJustin Bieber (ジャスティン・ビーバー)、デンマークの新鋭女性歌手MØ (ムー)によるのフィーチャリングソング。

Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)・MØ (ムー)画像

画像出典元サイト

アメリカやヨーロッパを中心に近年世界中の音楽チャートを席巻しているMajor Lazer (メジャー・レイザー)の2016年最大のヒット曲。

聴いていて自然と身体が躍るような心地よいEDMは全年代におすすめできる楽曲です。

Major Lazer - Cold Water ft. Justin Bieber & MO

5. The Weeknd - Starboy ft. Daft Punk

The Weeknd (ザ・ウィークエンド)・Daft Punk (ダフト・パンク)画像

画像出典元サイト

新R&BキングThe Weeknd (ザ・ウィークエンド)とフランスのハウス・デュオDaft Punk (ダフト・パンク)のフィーチャリングソング。

トリップホップR&Bフレンチハウスが融合した近未来的でありながらどこか懐かしさを感じさせるメロディセンス抜群のサウンドと、The Weeknd (ザ・ウィークエンド)の切なく透き通った歌声は中毒性抜群。

夜空と同化するような美しく繊細に響き渡るサウンドは夜ドライブにピッタリです。

The Weeknd - Starboy ft. Daft Punk

6. twenty one pilots - Heathens

twenty one pilots (トゥエンティ・ワン・パイロッツ)画像

画像出典元サイト

今世界で最も売れている2人組ロックバンドtwenty one pilots (トゥエンティ・ワン・パイロッツ)が歌うオルタナティブヒップホップソング。

アメコミ映画『Suicide Squad (スーサイド・スクワッド)』のテーマソングとして使用され、日本でもコマーシャルなどでよく流れた曲です。

呟くようなフロウと現代社会を風刺した歌詞、危険な匂い漂うダーティながらキャッチーなサウンドと、twenty one pilots (トゥエンティ・ワン・パイロッツ)らしい楽曲となっています。

twenty one pilots - Heathens

7. DJ Snake ft. Justin Bieber - Let Me Love You

DJ Snake (DJ スネーク)・Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)画像

画像出典元サイト

日本でも人気知名度の高いDJ Snake (DJ スネーク)とカナダのポップスターJustin Bieber (ジャスティン・ビーバー)のフィーチャリングソング。

抜群のメロディラインからなる自然と身体がリズムを刻む極上のEDMで、今年のクラブシーンを彩った人気ソングの一つです。

夏の日差しを感じさせるような暖かなサウンドは海沿いのドライブにピッタリな曲となっています。

DJ Snake ft. Justin Bieber - Let Me Love You

8. Martin Garrix & Bebe Rexha - In The Name Of Love

Martin Garrix (マーティン・ギャリックス)・Bebe Rexha (ベベ・レクサ)画像

画像出典元サイト

2015年度『DJ Mag』の世界人気DJランキングで堂々の3位ランクインしたMartin Garrix (マーティン・ギャリックス)と人気エレクトロポップ女性歌手Bebe Rexha (ベベ・レクサ)のフィーチャリングソング。

Martin Garrix (マーティン・ギャリックス)お得意のシンセサイザーを主体とした跳ね上がるようなEDMと、Bebe Rexha (ベベ・レクサ)の超絶ハイトーンヴォイスの今作は2016年度の定番クラブミュージックとなりました。

人気若手DJの手掛けた楽曲なだけあって、エネルギッシュかつ鋭いサウンドなので好き嫌いが分かれる楽曲となっています。

Martin Garrix & Bebe Rexha - In The Name Of Love

9. Selena Gomez - Kill Em With Kindness

Selena Gomez (セレーナ・ゴメス)画像

画像出典元サイト

ティーン層から絶大な人気を誇るポップクイーンSelena Gomez (セレーナ・ゴメス)の2016年二作目のソロシングル。

大人の女性を演出するような落ち着いた歌声と流行りのEDMを取り入れた近代的なダンスポップソングです。

応援や励ましの歌詞なので、気分を落とした時におすすめな楽曲。

Selena Gomez - Kill Em With Kindness

10. Justin Timberlake - Can't Stop The Feeling!

Justin Timberlake (ジャスティン・ティンバーレイク)画像

画像出典元サイト

Can't Stop The Feeling!』はアメリカンポップ・R&BスターJustin Timberlake (ジャスティン・ティンバーレイク)のダンスポップ・ファンクソング。

2014年の代表曲Pharrell Williams (ファレル・ウィリアムス)の『Happy (ハッピー)』を思わせる人種年齢性別を問わない誰でも歌って踊れるダンスポップです。

散歩中やネガティブな思考に陥って前向きになりたい時などにおすすめな楽曲となっています。

Justin Timberlake - Can't Stop The Feeling!

11. Rihanna - Work ft. Drake

Rihanna (リアーナ)・Drake (ドレイク)画像

画像出典元サイト

新ディーヴァRihanna (リアーナ)と人気R&B・ラッパーDrake (ドレイク)のフィーチャリングソング。

今世界で最も売れている二人のコラボソングで、2016年に最も欧米で売れた人気シングルの一つ。

レゲエ感の強いR&B・ポップスダンスホールにピッタリのレトロな楽曲となっています。

Rihanna - Work ft. Drake

12. Alessia Cara - Here

Alessia Cara (アレッシア・カーラ)画像

画像出典元サイト

カナダが誇こる若手ポップス・ソウルR&B歌手Alessia Cara (アレッシア・カーラ)のデビューシングル。

デビュー曲ながら全米ポップチャート首位を獲得し、ヨーロッパやカナダ・オーストラリア世界中で大ヒットを記録した楽曲。

Norah Jones (ノラ・ジョーンズ)の再来と称された奥深いハスキーな歌声とアート性の強い楽曲は必聴です。

Alessia Cara - Here

13. Ariana Grande - Into You

Ariana Grande (アリアナ・グランデ)画像

画像出典元サイト

ネクスト・マライアAriana Grande (アリアナ・グランデ)の日本でも大ヒットした3rdアルバム『Dangerous Woman (デンジャラス・ウーマン)』の収録シングル。

アリアナ・グランデがリリースした楽曲中で最もセクシャルな歌詞で、特に恋愛真っただ中の10代20代女子に人気の高い楽曲です。

Ariana Grande - Into You

14. Bruno Mars - 24K Magic

Bruno Mars (ブルーノ・マーズ)画像

画像出典元サイト

新世代ファンク・ソウルキングBruno Mars (ブルーノ・マーズ)の約三年ぶりとなるソロシングル。

2014年にシングルチャート10週間連続首位獲得という歴史的な大ヒットを記録した『Mark Ronson - Uptown Funk ft. Bruno Mars』を超えるディスコ感溢れるアゲアゲな楽曲となっています。

Bruno Mars - 24K Magic

15. Jason Derulo - If It Ain't Love

Jason Derulo (ジェイソン・デルーロ)画像

画像出典元サイト

歌って踊れるR&BシンガーJason Derulo (ジェイソン・デルーロ)の2016年最初にリリースされたシングル。

ダンスポップ王道といえるキャッチャーでノリのいいクラブシーンにピッタリな楽曲です。

Jason Derulo - If It Ain't Love

16. Ellie Goulding - Still Falling For You

Ellie Goulding (エリー・ゴールディング)画像

画像出典元サイト

英国の新世代歌姫のEllie Goulding (エリー・ゴールディング)が歌うシンセポップソング。

突き抜けるようなハイトーンボイスと煌びやかな凛としたインディーポップ・シンセポップエリー・ゴールディングらしい楽曲に仕上がっています。

現実世界と隔離されたような未来的サウンドは『いつもと違う気持ちになりたい。』そんな時におすすめです。

Ellie Goulding - Still Falling For You

17. Meghan Trainor - NO

Meghan Trainor (メーガン・トレイナー)画像

画像出典元サイト

ぽっちゃり歌姫Meghan Trainor (メーガン・トレイナー)の2016年一作目のシングル。

黒色を主体としたどこかダーティーなダンスポップ・R&Bソングで、女性らしい丸いふくよかな体を揺らした激しいダンスのミュージックビデオは必見です。

Meghan Trainor - NO

18. Justin Bieber - Company

Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)画像

画像出典元サイト

カナダ人ポップスターJustin Bieber (ジャスティン・ビーバー)の2016年にリリースされた最初のソロシングル。

広大で優雅な自然やライブ風景をバックにしたおしゃれなミュージックビデオに、スターだからこその苦悩描いた恋愛ソングです。

軽快でキャッチャーなエレクトロポップはどんなシーンにもピッタリで、ジャスティン・ビーバーを知っていても楽曲をあまり知らない方におすすめしたい一曲。

Justin Bieber - Company