邦楽ロックバンド2014年2015年人気ランキング 10位~1位

邦楽ロックバンド2014年2015年人気ランキング 10位~1位

japan band 2014.2015, ranking 10-1.

邦楽ロックバンド2014年・2015年人気ランキングトップ画像

iTunesオリコンの売り上げ記録、YouTubeの再生数、 メディア露出度、年齢性別を考慮した人気知名度、 当サイトの閲覧数など様々なデータをもとに した2014年・2015年度邦楽日本ロックバンドヒットランキングベスト10位~1位。

邦楽ロックバンド2014年2015年ランキング 10位~1位

japan band 2014.2015, ranking 10-1.

10位. [Alexandros]

[Alexandros]画像

画像出典元サイト

お洒落全開のオルタナティブロックバンド[Alexandros] (アレキサンドロス)が10位。

元々知名度の高いバンドだったが、 2014年に[Champagne] - シャンペインから [Alexandros] - アレキサンドロスにバンド名を変更し、 さらに人気を獲得し今最も勢いのあるバンド。

バンド名・ミュージックビデオ・ビジュアル・音楽性全てが オシャレ感抜群で女性からの支持が圧倒的に高い。

ワタリドリ

[Alexandros] - プロフィールページ

9位. UVERworld

UVERworld画像

画像出典元サイト

王道ミクスチャーロックバンドUVERworld (ウーバーワールド)が9位。

突き抜けるようなクリアなボーカルとエネルギッシュかつキャッチャーで疾走感ある ミクスチャーロックで幅広い世代から愛される中堅バンド。

現在ではアニメとのタイアップは若手バンドの登竜門といえる 存在となったが、1900年2000年代敬遠しがちだった アニメタイアップを人気バンドとなってからも続け、 現在では海外でも人気のあるトップクラスの邦楽バンドとなっている。

THE OVER

UVERworld - プロフィールページ

8位. back number

back number画像

画像出典元サイト

甘酸っぱい恋愛ポップロックバンドback number (バックナンバー)が8位。

日本人が好む爽やかで軽やかな王道ポップスロックを歌う幅広い世代から支持されているバンド。

恋愛ソングの割合が多く、「失恋した時はback number」 と代名詞となるほど女性からの人気が高い。

SISTER

back number - プロフィールページ

7位. MAN WITH A MISSION

MAN WITH A MISSION画像

画像出典元サイト

正体不明のミクスチャーロック狼バンドMAN WITH A MISSION (マン ウィズ ア ミッション)が7位。

デビューから高いメディア注目度、卓越した演奏力で 邦楽界に突如出現した謎の狼さんバンド。

ふと気づけばメジャーバンドとなっていた彼らだが、 その不自然さから有名バンドのメンバーが結集した企画や 解散したバンドなど、謎の正体について様々な噂が飛び交っているが正式には公表されていない。

Emotions

MAN WITH A MISSION - プロフィールページ

6位. KANA-BOON

KANA-BOON画像

画像出典元サイト

四つ打ちポップロックバンドKANA-BOON (カナブーン)が6位。

ハイトーンボイスと四つ打ちからなる軽やかなポップメロディで10代から今最も支持されているバンド。

その中毒性の高さからCMなどで多く使用され、若手バンドの中でも社会人の認知度は高い。

ないものねだり

KANA-BOON - プロフィールページ

5位. サカナクション

サカナクション画像

画像出典元サイト

文学的オルタナティヴロックバンドサカナクションが5位。

2010年リリースの2ndシングル「アルクアラウンド」大ヒットから、 実験性・遊び心溢れる楽曲でヘビーユーザーから最も愛されているバンド。

iTunes 2013年アルバムランキング の2位に6thアルバム「sakanaction」がランクインするなど、 今ランキングで最も幅広い世代から支持を獲得している。

近年ではポップス色が薄まり、より高い文学的歌詞、芸術性の高い楽曲・世界観が 際立ち、これからのさらなる活躍が期待されている。

アイデンティティ

サカナクション - プロフィールページ

4位. BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKEN画像

画像出典元サイト

オルタナティブ・ロックバンドBUMP OF CHICKEN (バンプ・オブ・チキン)が4位。

2001年の「天体観測」大ヒットから全てのシングルアルバムが高いセールスを記録し、 トータルセールス800万枚を超える邦楽界を代表するバンド。

キャリアの長いバンドでありながら現在進行形で10代など若年層のファンを増やし続けており、 その勢いはとどまることを知らない。

近年では2014年テレビ朝日「Mステ - ミュージックステーション」 に初出演し、ボーカロイド初音ミクとのコラボソングを 発表するなど従来のBUMP OF CHICKENからは 想像できない音楽活動を展開している。

ray

BUMP OF CHICKEN - プロフィールページ

3位. ONE OK ROCK

ONE OK ROCK画像

画像出典元サイト

新感覚オルタナティブロックバンドONE OK ROCK (ワンオクロック)が3位。

2010年「完全感覚Dreamer」リリースから、10代から最も高い支持を集め続けているバンド。

ここ最近は少々人気も落ち着きをみせたものの、 2015年にリリースされた7thアルバム「35xxxv」が オリコンアルバム・チャート首位を獲得。

その後、アメリカのワーナー・ブラザーズどレコード契約を結び、世界での活躍が期待されている。

The Beginning

ONE OK ROCK - プロフィールページ

2位. ゲスの極み乙女。

ゲスの極み乙女。画像

画像出典元サイト

ヒップホッププログレバンドゲスの極み乙女。が2位。

若手バンドの中でも1位2位を争う高い演奏力からなる、 柔らかな極上のポップスソングで瞬く間に邦楽界の顔となった。

2015年のみなら間違いなく1位と断言でき、 今回のランキング内で2016年以降の活躍が最も期待されるバンド。

私以外私じゃないの

ゲスの極み乙女。 - プロフィールページ

1位. SEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARI画像

画像出典元サイト

幻想的なミュージカルショーバンドSEKAI NO OWARI (セカイノオワリ)が1位。

音楽系メディアだけでなくバラエティー番組などにも積極的に出演し、 現在日本全国で最も高い知名度を誇る若手バンド。

セールス面でも iTunes 2014年間シングルヒット曲ランキング で9位にRPG、 18位に炎と森のカーニバル、 20位にスノーマジックファンタジー の三曲がランクインするなど高い売り上げ記録。

2015年には話題作の映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」主題歌 に抜擢されるなど若手バンドの中でも頭一つ抜けた活躍をみせた。

炎と森のカーニバル

SEKAI NO OWARI - プロフィールページ