RITA ORA - リタ・オラ

RITA ORAの基本情報。

リタ・オラの所属レーベル・ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

RITA ORAのプロフィールリスト.

音楽ジャンル R&B. Pop. Dance-pop. Soul. Pop rock
レーベル Roc Nation
サイト Rita Ora Official Site
サイト リタ・オラ | SonyMusic
ブログ  - 
YouTube RitaOraVEVO YouTube
Twitter Rita Ora (@RitaOra) | Twitter
Facebook Rita Ora | Facebook
Instagram Rita Ora (@ritaora) • Instagram photos and videos
Wikipedia リタ・オラ - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 ユーゴスラビア プリシュティナ
生年月日 1990年11月26日
血液型  - 
デビュー 2012年

RITA ORAのオフィシャルプロフィール.

ジェイ・Z率いるレーベル、ロック・ネイションが大プッシュする新人として、2013年鳴り物入りでシーンに登場した現在23歳の女性シンガー・ソングライター。コソボ出身、イギリスのロンドン育ちのリタは、6歳から歌を始め、イギリスで地道な音楽活動をしているところをジェイ・Zに見染められ、18歳でロック・ネイションとの契約を獲得。

以前よりジェイ・Zやドレイクのミュージック・ビデオにカメオ出演したことでその存在が注目されていたが、2012年2月 “Hot Right Now feat. Rita Ora”が全英シングル・チャート1位を獲得したことを皮切りに、人気ラッパーのドレイクがソングライティングを担当したリタ・オラ名義のデビュー・シングル“R.I.P feat. Tinie Tempah”、そして続くシングル“How We Do (Party)”でも続けざまに全英1位を獲得。

これにより、リタ・オラは2012年唯一となる3曲連続全英シングル1位の快挙を達成している。 ヒット・シングルの連発で爆発的なデビューを飾ったリタ・オラ待望の最新アルバム『ORA』は全英チャート見事1位を獲得、昨年の日本デビュー後には初の単独公演も大成功したことも記憶に新しい。独特のファッション・センスと愛くるしいビジュアルが全世界のファッション業界からも注目を集め、ここ日本でも数々のファッション誌の表紙に登場。

トレードマークの真っ赤なリップにブロンドヘアーがかっこよくて可愛いと特に同性からの支持が高く、ポップでグラマラスなNEWセレブ・アイコンとしても絶大な人気を誇っている。2014年第一弾シングル「I Will Never Let You Down」を発売し、見事全英チャート1位を獲得。adidas Originalsより彼女のラインが発売されることも決定しており、今後の活動にますます目が離せない存在だ。

RITA ORA Official

RITA ORAのcube-music.com情報。

リタ・オラの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・日本での人気知名度や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

RITA ORAとは?

iTunes Store(Japan)

RITA ORA - リタ・オラはユーゴスラビア プリシュティナ生まれイギリス ロンドン育ちの女性R&Bシンガー、シンガーソングライター。本名はRita Sahatçiu Ora。

伸びやかなハスキーボイスで、ポップ要素の強いリズミカルなR&Bソングを中心に歌っている。デビューからヒット作を連発させている英国の若き歌姫。ヨーロッパ圏での人気は圧倒的なものの、アメリカや日本での人気はそこまで高くはない。

Rihanna - リアーナと容姿、音楽スタイルが似ていることからネクスト「リアーナ」と称されることがある。

洋楽海外女性アーティスト2014年・2015年人気ランキング で16位にランクイン。

人気代表曲

シングル「I Will Never Let You Down」、Iggy Azalea - イギー・アゼリアとのコラボソング「Black Widow」の人気が高い。

RITA ORAの音楽史

1990年にユーゴスラビア プリシュティナに生まれ、出生後すぐにイギリス ロンドンに移り住む。幼頃の頃から歌手を志し、10代時には地元ロンドン周辺のパブでライブ演奏を開始させた。

2009年にヒップホップ界のドンJay-Z - ジェイ・ジーと出会い、レコード契約を結ぶ。2012年にDJ Freshの楽曲「Hot Right Now」にフィーチャリング参加し、英国シングルチャート首位に輝く。

その後自身のデビューシングル「How We Do (Party)」も首位となり、勢いそのままリリースされた1stアルバム「Ora」は英国アルバムチャート1位を獲得した。