Pixie Lott - ピクシー・ロット

Pixie Lottの基本情報。

ピクシー・ロットの所属レーベル・ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

Pixie Lottのプロフィールリスト.

音楽ジャンル Pop. Dance-pop. Electropop. R&B. Soul
レーベル Virgin EMI
サイト Pixie Lott website
サイト PIXIE LOTT | ピクシー・ロット - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
ブログ  - 
YouTube PixieLottVEVO YouTube
Twitter Pixie Lott (@PixieLott) | Twitter
Facebook Pixie Lott | Facebook
Instagram Pixie Lott (@pixielott) • Instagram photos and videos
Wikipedia ピクシー・ロット - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 イギリス ロンドン ブロムリー
生年月日 1991年1月12日
血液型  - 
デビュー 2009年

Pixie Lottのオフィシャルプロフィール.

ピクシー・ロットが還ってきた。ひときわ明るい輝きを放つこの新星ポップ・スターは、8月、セカンド・アルバムからの第1弾シングルをリリース。彼氏なしのフリーでいること(と、テーブルの上で踊ること)の喜びを讃える、ハイ・エナジーな「All About Tonight」は、すぐさまインターネット界でヒットし、ラジオやテレビを席巻した。

かつてまだ10代だった時に大旋風を巻き起こした彼女が、曲の冒頭で「新しい靴を買って、新たな心構えで臨んでるのよ…一番重要なのは今夜」と宣言している通りだ。数字もまた重要である。デビュー・アルバム『Turn It Up』のリリースから2年と経たないうちに、ピクシー・ロットは実に幅広い人気を獲得してきた。その実例を数字で上げてみよう…。

まずデビュー・アルバムは100万枚を売上げ、トリプル・ブラチナの快挙を達成。No.1シングルが2枚。長期に亘るチャートインは96週を越え、現在も継続中だ。ブリット・アウォーズでは3部門でノミネート。

2009年のMTVヨーロッパ音楽賞では2部門を制覇。19公演に及ぶ全英ツアーは、すべてソールドアウト。フェイスブックのフレンド登録は100万人を突破。公式ツイッターには50万フォロワー。そして「All About Tonight」のビデオは先月ネットで公開されたばかりだというのに、既に視聴回数が200万回を越えている。....

Pixie Lott Official

Pixie Lottのcube-music.com情報。

ピクシー・ロットの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・日本での人気知名度や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

Pixie Lottとは?

iTunes Store(Japan)

Pixie Lott - ピクシー・ロットはイギリス ロンドン ブロムリー出身の女性ポップシンガー、シンガーソングライター。本名はVictoria Louise Lott - ビクトリア・ルイーズ・ロット。

ソウルフルなハスキーボイス、キュートなルックス、電子音の前面に出したキャッチャーなエレクトロポップソングを歌う。母国イギリスを中心にヨーロッパでの人気は高いが、日本やアメリカでの知名度はそこまで高くはない。音楽活動以外に、ファッションモデルやデザイナー、女優としても活動している。

人気代表曲

イギリスでゴールドディスクに認定されたシングル「All About Tonight」、デビューシングル「Mama Do」の人気が高い。

Pixie Lottの音楽史

1991年にイギリス ロンドン ブロムリーに生まれる。幼少の頃から地元の教会で歌い、ダンスのレッスンを受けていた。学生時代はアートスクールに進学し、15歳となった2006年に自作デモテープが、音楽関係者の目に留まりレコード契約を結ぶ。

2009年にマーキュリー・レコードよりリリースされたシングル「Mama Do (Uh Oh, Uh Oh)」で歌手デビューを果たし、デビュー作ながら全英シングル・チャートで1位を獲得する。同年にリリースされた1stアルバム「Turn It Up」は全英アルバム・チャート6位を獲得し、ヨーロッパ圏で大ヒットとなる。後に同アルバムはダブル・プラチナに認定された。

2010年にイギリスのBRIT AwardsでBritish Female Solo Artist、British Breakthrough Act、Best British Singleの3部門にノミネートされるが、受賞には至らなかった。2011年に2ndアルバム「Young Foolish Happy」もイギリスで高いセールスを記録した。