Kimbra - キンブラ

Kimbraの基本情報。

キンブラの所属レーベル・ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

Kimbraのプロフィールリスト.

音楽ジャンル Indie pop. Soul. Jazz. R&B. Electropop
レーベル Warner Bros.
サイト Kimbra | The Official Website
サイト Kimbra / キンブラ|ワーナーミュージック・ジャパン
ブログ  - 
YouTube kimbramusic YouTube
Twitter Kimbra (@kimbramusic) | Twitter
Facebook Kimbra | Facebook
Instagram Kimbra (@kimbramusic) • Instagram photos and videos
Wikipedia キンブラ - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 ニュージーランド ハミルトン
生年月日 1990年3月27日
血液型  - 
デビュー 2005年

Kimbraのオフィシャルプロフィール.

10代の頃から地元でパフォーマーとして活躍し、17歳の時に活動の拠点をオーストラリアに移す。オーストラリアでは2011年夏にデビュー・アルバムをリリース。その後、ゴティエのシングル「サムバディ・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ノウ ~失恋サムバディ(feat. キンブラ)」にフィーチャーされ、この曲が1,300万枚の以上の売り上げを記録し、全米チャート8週連続1位、全英チャート4週連続1位、ヨーロッパ(イギリス、フランス、オーストリア、ドイツ、オランダ、ベルギー他)からオーストラリア、ニュージーランドまで世界18か国で1位を獲得した。

2012年年間全米シングル・チャートでも1位を記録する大ヒットとなり、2013年のグラミー賞で「最優秀レコード賞」、「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」を受賞し、この世界的大ヒットの波に押されるように、2012年春に待望の全米デビューを果たす。1stアルバム『Vows』は、地元であるニュージーランドで最高3位、オーストラリアで最高4位を記録し両2ヶ国でプラチナ・ディスクを獲得、全米アルバム・チャートでも新人ながら初登場14位を獲得した。

そのスター性は、SXSWやゴティエとのライヴでも、彼女がステージに登場した途端、観客が大熱狂したという噂も聞こえてくるほど。またアメリカでは、フォスター・ザ・ピープルのマーク・フォスターやA-Trackとともにコンバースの「The Warrior」キャンペーンにフィーチャーされた経験も持つ(曲もこの3アーティストのコラボレーションによるもの)。

また、そのキュートなルックスと抜群のセンスからファッション・アイコンとしても雑誌やメディアで頻繁に取り上げられるなど、現在最も注目されている女性アーティストの一人となっている。

Kimbra Official

Kimbraのcube-music.com情報。

キンブラの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・日本での人気知名度や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

Kimbraとは?

iTunes Store(Japan)

Kimbra - キンブラはニュージーランド ハミルトン出身の女性インディーポップシンガー、シンガーソングライター。本名はKimbra Lee Johnson - キンブラ・リー・ジョンソン。

女性らしいスウィートな歌声と繊細で力強い歌唱力、キュートで童話的な世界観・ファンション、キャッチャーでありながら密度の濃いクラシカルなポップソングを中心に歌っている。

歌手デビューしたオーストラリアや母国ニュージーランドを代表する若いポップスターで、欧米だけでなく日本を含む世界中で高い人気を誇っている。

人気代表曲

グラミー賞二冠に輝いたゴティエとのコラボソング「Somebody That I Used To Know」、「Cameo Lover」の人気が高い。

Kimbraの音楽史

1990年にニュージーランド ハミルトンに生まれる。10歳頃から曲を書き始め、12歳からギター弾きライブ活動を開始させた。17歳となった2007年にレコード契約を結び、活動拠点をオーストラリアに移す。

2011年にワーナー・ブラザースよりリリースされたデビューアルバム「Vows」はオーストラリアとニュージーランドで大ヒットを記録し、両国でプラチナ・ディスクに認定された。

同年にゴティエのシングル 「Somebody That I Used to Know」にフィーチャリング参加しアメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドなど世界10ヵ国以上のシングル・チャートで1位を獲得。

同曲は2013年にグラミー賞で最優秀ポップパフォーマンス・デュオ/グループ、最優秀レコード賞の二部門を受賞した。