Keri Hilson - ケリー・ヒルソン

Keri Hilsonの基本情報。

ケリー・ヒルソンの所属レーベル・ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

Keri Hilsonのプロフィールリスト.

音楽ジャンル R&B. Pop. Hip hop-rap
レーベル Interscope
サイト Keri Hilson Web
サイト ケリー・ヒルソン - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
ブログ  - 
YouTube KeriHilsonVEVO YouTube
Twitter Keri Hilson (@KeriHilson) | Twitter
Facebook Keri Hilson | Facebook
Instagram keri hilson (@kerihilson) • Instagram photos and videos
Wikipedia ケリー・ヒルソン - Wikipedia
身長 175cm
体重  - 
出身地 アメリカ合衆国 ジョージア州 ディケーター
生年月日 1982年12月5日
血液型  - 
デビュー 2008年

Keri Hilsonのオフィシャルプロフィール.

アトランタ出身、26歳。2001年ソングライター/プロデューサーとしシーンに登場後、アッシャー、プッシーキャット・ドールズ、クリス・ブラウン、メアリー・J.ブライジ、トニ・ブラクストン、チンギー、P.ディディ、ニコールらに楽曲を提供、数曲ではバック・ヴォーカルとしても参加(最近ではブリトニー・スピアーズに大復活トラック「ギミ・モア」を提供している)、自身がフィーチャリングされたティンバランドの「ザ・ウェイ・アイ・アー」は欧米で特大ヒットを記録(ティンバランドの次のシングル「スクリーム」にもニコールとともに再びフィーチャリングされている)。

また08年6月にリリースされたアッシャーの全米No.1シングル「ラヴ・イン・ディス・クラブ」に出演、Nasの新曲「ヒーロー」へ大々的にフィーチャーなど錚々たる実績を既に作ってきており、その才能が遂に花開く!クリスタル・ケイにも楽曲を提供するなど、国外でも活躍している。

さらにモデル並みの美貌も常にメディアは注目!まさに才色兼備という欧米に限らず、日本でも早くもR&B系メディア、クラブ・キッズ、アパレル業界などではケリーの名前はすでに浸透するなど、ケリーのスタイルは現代女性の象徴と言ってもおかしくない。....

Keri Hilson Official

Keri Hilsonのcube-music.com情報。

ケリー・ヒルソンの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・日本での人気知名度や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

Keri Hilsonとは?

iTunes Store(Japan)

Keri Hilson - ケリー・ヒルソンはアメリカ合衆国 ジョージア州 ディケーター出身の女性R&Bシンガー、シンガーソングライター。本名はKeri Lynn Hilson - ケリー・リン・ヒルソン。

伸びやかなハスキーボイスと高い歌唱力、モデルのようなスレンダーでセクシーなルックスでトゲトゲしいクールなR&Bソングを歌っている。

欧米での人気知名度は高いが、日本では知名度はそこそこあるもののそこまで高い人気を獲得はしていない。

人気代表曲

グラミー賞にノミネートされた楽曲「Knock You Down (ft. Kanye West and Ne-Yo)」、Chris Brown - クリス・ブラウンとのコラボソング「Superhuman」の人気が高い。

Keri Hilsonの音楽史

1982年にアメリカ合衆国 ジョージア州 ディケーターに生まれる。12歳からピアノのレッスンを受け、歌手を志していた彼女は後にボーカルレッスンも受け始めた。

14歳でレコード契約を結び、シンガーソングライターとしてアッシャークリス・ブラウンメアリー・J. ブライジケリー・ローランドシアラブリトニー・スピアーズなど数々のアーティストに楽曲を提供した。

2008年にMosley Musicよりリリースされたシングル「Energy」で歌手デビューを果たす。2009年にリリースされた1stアルバム「In a Perfect World...」は全米R&Bアルバム・チャートで1位を獲得し、後にゴールド・ディスクに認定された。

その後1stアルバムよりシングルカットされたKanye West - カニエ・ウェストNe-Yo - ニーヨとのコラボソング「Knock You Down」が世界中で大ヒットを記録し2009年のビルボード年間シングル・チャートで15位に輝いた。同年にはグラミー賞で最優秀新人賞、最優秀ラップ・コラボレーション賞にノミネートされた。