Cher Lloyd - シェール・ロイド

Cher Lloydの基本情報。

シェール・ロイドの所属レーベル・ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

Cher Lloydのプロフィールリスト.

音楽ジャンル Pop. R&B. Dance-pop
レーベル Epic Records
サイト The Official Cher Lloyd Website
サイト シェール・ロイド | SonyMusic
ブログ  - 
YouTube Cherlloydvevo YouTube
Twitter Cher Lloyd (@CherLloyd) | Twitter
Facebook Cher Lloyd | Facebook
Instagram Cher Lloyd (@cherlloyd) • Instagram photos and videos
Wikipedia シェール・ロイド - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 イングランド ウスターシャー マルバーン
生年月日 1993年7月12日
血液型  - 
デビュー 2010年

Cher Lloydのオフィシャルプロフィール.

2010年、16歳でイギリスの人気オーディションTV番組『Xファクター』シーズン7に出演。3位のワン・ダイレクションに続き堂々の4位入賞を果たす。ラップを大胆に取り入れた独自のパフォーマンス・スタイルと、絶対に主張を曲げないちょっと生意気なアティチュードとユニークなファッション・センスもあいまって、毎回出演するたびに視聴者からもマスコミからもかつてない注目と反響を集め、彼女のオーディション映像はオンライン上での再生回数が番組始まって以来初めて4500万回を超える新記録をも作りだしてしまったほど、驚異的なセンセーションを巻き起こした。

そんなシェールにスター性を見出した『X ファクター』の審査員サイモン・コーウェルに気に入られ、番組終了後すぐに自身のレーベルSYCOとレコード契約。シェール自身も曲作りに参加したデビュー・アルバム『スティックス・アンド・ストーンズ』は、イギリスで2011年11月に発表され、デビュー・シングル「スワッガー・ジャガー」は堂々 1位に!アルバムも4位を記録した。一方アメリカでは、アヴリル・ラヴィーンやPinkを見出した現EPIC社長L.A.リードが一聴惚れし、会った翌日にはレコード契約。

全米デビュー・シングル「ウォント・ユー・バック」はダブル・プラチナを記録し、アルバムもいきなり全米トップ10入り、一躍全米でもティーンの女の子を中心に熱狂的なファンが急増した。日本でも、12年10月デビュー・アルバム『スティックス・アンド・ストーンズ』をリリース。来日プロモーションも果たし、日本の多くのファンに熱烈歓迎された。そして2014年6月25日、日本では約1年半ぶりとなる待望のニュー・アルバム『ソーリー・アイム・レイト』をリリース!20歳になって、結婚もして、ちょっぴり大人になったシェールの新たな魅力が100%堪能できる作品になっている。

Cher Lloyd Official

Cher Lloydのcube-music.com情報。

シェール・ロイドの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・日本での人気知名度や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

Cher Lloydとは?

iTunes Store(Japan)

Cher Lloyd - シェール・ロイドはイングランド ウスターシャー マルバーン出身の女性ポップシンガー、シンガーソングライター 。イギリスオーディション番組「X-Factor 」シーズン7のTOP4。

甲高く耳に残る歌声とヒップホップ色の強い独特の歌唱法、キャッチャーなポップス・R&Bを中心に歌っている。ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアの10代・20代の若年層から高い支持を受け、日本でも同様に若年層のファンが多い。日本ではキュートなルックスからか、ファッショアイコンとしても注目されている。

洋楽海外女性アーティスト2014年・2015年人気ランキング で17位にランクイン。

人気代表曲

3rdシングル「Want U Back」、T.I.とのコラボソング「I Wish」の人気が高い。

Cher Lloydの音楽史

1993年にイングランド ウスターシャー マルバーンに生まれた。16歳となった2010年にイギリスの人気オーディション番組「Xファクター」シーズン7に出場しTOP4まで残る。オーディション終了後即、レコード契約を結び歌手デビューに向けての活動をスタートさせる。

2011年にSycoよりリリースされたシングル「Swagger Jagger」で歌手デビューを果たし、母国イギリスで初登場一位を獲得した。同年にはデビューアルバム「Sticks + Stones」をリリースし、ヨーロッパ・アメリカを中心に大ヒットを記録した。