Aselin Debison - アゼリン・デビソン

Aselin Debisonの基本情報。

アゼリン・デビソンの所属レーベル・ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

Aselin Debisonのプロフィールリスト.

音楽ジャンル Pop
レーベル Sony Music
サイト Aselin Debison - Homeward Bound
サイト アゼリン・デビソン | SonyMusic
ブログ  - 
YouTube Aselin Debison YouTube
Twitter  - 
Facebook Aselin Debison | Facebook
Instagram  - 
Wikipedia アゼリン・デビソン - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 カナダ ノバスコシア州 ケープブレトン島
生年月日 1990年6月27日
血液型  - 
デビュー 2002年

Aselin Debisonのオフィシャルプロフィール.

カナダ東部、“赤毛のアン”の舞台として知られるプリンス・エドワード島のさらに東に位置する雄大な土地がケープ・ブレトン。ここのグレース・ベイという町で生まれ育った一人の少女が今、世界に羽ばたこうとしている。彼女の名前はアゼリン・デビソン。

1990年生まれ、ことし高校に入学するアゼリンは、その印象的な眼差しと、外見からは想像できないほどのパワフルな歌唱で、今やカナダの新世代歌手のナンバーワンと目される存在にまでなった。

アゼリンが初めて注目されたのは1999年にケープ・ブレトンで働く炭坑夫達の抗議集会で歌った「ザ・アイランド」がきっかけだった。炭坑を閉鎖するという政府決定に抗議する集会でアゼリンは彼らのふるさとを題材に取った見事な歌を披露、そのピュアで真っ直ぐな美声はその場に居合わせた全ての人々を感動させた。少女の歌に耳を傾けながら、互いに肩を組んで目を潤ませる聴衆−大の大人達を涙させた9才の少女の話はたちまちカナダ全土に広まっていった。

翌2000年にはカナダ全土に放映された“イースト・コースト・ミュージック・アウォード”にも出演、その模様をみたカナダの首相、ジャン・クレティエンはアゼリンを称して“次のセリーヌ・ディオン”と絶賛したのだった。その後もアゼリンにはイベントやテレビ出演などが相次ぐ。

2001年にはデビュー・アルバムとなるクリスマス作品集『The Littlest Angel』を地元のレコードレーベルからリリース、“イースト・コースト・ミュージック・アウォード”の最優秀ポップ・アーティストにノミネートされている。同時に初のツアーも行い、ノバスコシア全域で成功を収めた。

Aselin Debison Official

Aselin Debisonのcube-music.com情報。

アゼリン・デビソンの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・日本での人気知名度や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

Aselin Debisonとは?

iTunes Store(Japan)

Aselin Debison - アゼリン・デビソンはカナダ ノバスコシア州 ケープブレトン島出身の女性シンガーソングライター。

伸びやかで繊細な歌声でカントリーを思わせる温もり溢れるポップソングを歌っている。母国カナダやアジアでの人気・知名度は高く、日本では1stアルバム「Sweet is the Melody」が大ヒットを記録した。ファン層は20代・30代が中心とされる。

人気代表曲

YouTubeでは「Life」、「Moonlight Shadow」の人気が高い。

Aselin Debisonの音楽史

1990年にカナダ ノバスコシア州 ケープブレトン島に生まれる。9歳の1999年に地元の炭坑夫達の抗議集会で歌い、その歌声がカナダで話題となり、数々のイベントやテレビに出演した。

その後レコード会社と契約を結び、若干12歳で2001年にクリスマスソング集アルバム「The Littlest Angel」で歌手デビューを果たす。

2002年にEpicよりリリースされた1stアルバム「Sweet is the Melody」で正式ソロデビューし、母国カナダや日本・韓国などアジアを中心に大ヒットを記録する。

その後カナダの音楽祭イースト・コースト・ミュージック・アウォードで最優秀女性シンガーにノミネートされた。2005年に2ndアルバム「Bigger Than Me」をリリースした。