Adam Lambert - アダム・ランバート

Adam Lambertの基本情報。

アダム・ランバートの所属レーベル・ブログ・YouTube・Twitterなどのオフィシャル情報や身長や出身地、画像などの情報をまとめ。

Adam Lambertのプロフィールリスト.

音楽ジャンル Pop. Pop rock. Dance-pop. Electronic
レーベル Warner Bros.
サイト ADAM LAMBERT - WEBSITE
サイト アダム・ランバート | SonyMusic
ブログ  - 
YouTube AdamLambertVEVO - YouTube
Twitter ADAM LAMBERT (@adamlambert) | Twitter
Facebook Adam Lambert | Facebook
Instagram ADAMLAMBERT (@adamlambert) • Instagram
Wikipedia アダム・ランバート - Wikipedia
身長  - 
体重  - 
出身地 アメリカ合衆国 インディアナ州 インディアナポリス
生年月日 1982年1月29日
血液型  - 
デビュー 2009年

Adam Lambertのオフィシャルプロフィール.

1982年1月29日アメリカ、インディアナ州生まれ、カリフォルニア州サン・ディエゴ育ち、現在LA在住。10歳から演劇を学び、クイーン、レッド・ツェッペリン、デヴィッド・ボウイ、マイケル・ジャクソン、マドンナといったアーティストから影響を受けたアダムはバンドのシンガーとしても活躍。

04年以降は多くのヒット・、ミュージカルに出演しエンターテイナーとしての経験を積む。その後、09年に全米視聴率No.1の公開オーディション番組「アメリカン・アイドル シーズン8」に挑戦。ザ・ローリング・ストーンズからマイケル・ジャクソンまでどんな曲も見事に自分のカラーで歌いこなすアダムは、番組史上最高の賞賛と注目を浴び、その圧倒的な歌唱力とカリスマ輝くパフォーマンスで一気にスターダムへと駆け上がった。

「アメリカン・アイドル」放送終了後も快進撃は止まることころを知らず。アダムが表紙を飾った「Rolling Stone」誌は売り切れ続出。(デビュー前のアーティストが同誌の表紙を飾るのは創刊以来初の快挙。また同誌は09年全米で最も売れた雑誌の表紙TOP9となった。)

また「People」誌の【今最もセクシーな独身男性2009】にも選ばれ、アメリカではその盛り上がりが社会現にまでなった。次いでローランド・エメリッヒ監督による超大作映画『2012』のエンディング・テーマ「ミラクルズ」を歌う大役に抜擢され、大きな話題を呼んだ。....

Adam Lambert - Official Profile

Adam Lambertのcube-music.com情報。

アダム・ランバートの音楽性からデビューまでの活動・ファン年齢層・日本での人気知名度や人気曲ランキングなど様々な情報をまとめ。

Adam Lambertとは?

iTunes Store(Japan)

Adam Lambert - アダム・ランバートはアメリカ合衆国 インディアナ州 インディアナポリス出身の男性ポップシンガー、シンガーソングライター。「アメリカン・アイドル」シーズン8準優勝者。本名はAdam Mitchel Lambert - アダム・ミッチェル・ランバート。

響き渡るような透明感ある美しい歌声とあらゆるサウンドを取り入れた音楽性の広いキャッチャーなポップロックを中心に歌っている。

母国アメリカだけでなく日本・ヨーロッパ・オーストラリア・カナダなど世界中で高い人気を獲得し、同性愛者であることを公表しているためか、同性愛者からの支持が高い。

人気代表曲

1stアルバム「For Your Entertainment」からのシングルカット「Whataya Want from Me」、最近では「Never Close Our Eyes」の人気が高い。

Adam Lambertの音楽史

1982年にアメリカ合衆国 インディアナ州 インディアナポリスに生まれる。10歳頃から演劇のレッスンを受け、高校時代はバンドを結成しアーティスト活動を開始させた。

大学中退後から本格的にミュージカル俳優として活動し、数々のミュージカル作品に出演した。2009年にアメリカの人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」シーズン8に出場し準優勝となる。

オーディション後にレコード契約を結び、同年にRCAレコードよりリリースされたデビューアルバム「For Your Entertainment」は全米アルバム・チャート3位を獲得し、日本やヨーロッパ・オーストラリアなど世界中で大ヒットとなった。

2011年にグラミー賞で最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞にノミネートされるが、受賞には至らなかった。